音楽&薬草bar Scivias

名古屋市中区錦1−15−10萬新ビル2階で営業の音楽&薬草bar Sciviasのブログです。電話080-5129-2795 http://www.facebook.com/barscivias

Patrick Farmer

Patrick Farmer(turntables&electronics)

Kostis Kilymis(electronics)

Sarah Hughes(chorded zither)

Stephen Cornford(amplified piano)

 

四者によるセッションは、カサカサという擦れるおとや、ガラス板を、ゆっくりと引っ掻くような音、空調がうなるような持続音などによる演奏で、クレジットの記載がないと、ひっそりとした工房で職人が淡々と作業するサウンドスケープに聴こえる。


はじめ微かに聴こえる物音は、徐々にダイナミックな音の運動となり、顕微鏡の倍率を上げていき、音の素粒子たちが明瞭になっていくかのようである。そうかと思えば、先ほどとは逆次に、マクロな視点に立ち戻り、朧げなフォルムの音響となる。 

 

ディスクには四者のインプロとジョン・ケージのfouroが収められているが、このfouroは野外でのセッションで、鳥のさえずりなどの、その場の音が終始なっている。

広がりのある屋外での演奏なのだが、彼らの奏でる音からは、先ほどのインプロと同じく、素粒子を拡大して見るようなミクロな視点を想起させられる。

奏でられる音と音のあいだから、野外の開かれた空間が、格子の隙間から覗き見るように広がる。 



広告を非表示にする